社会福祉法人わたげのほし 花園こども園

*

9月  園だより

9月  園だより
~ からだに良い姿勢とは ~

  腰骨を立てる ( おへそを突き出した状態 )
     
   ◎立つ時は・・・ 肩の力を抜き、真っ直ぐ腕をたらす 
  
   ◎椅子に座る時は・・・ 背もたれに、もたれない

 良い姿勢とは、体形に無理のない自然体で、前頭葉が刺激され、意志力・集中力が高まるそうです。  
 お子さんの日常生活の中で、大人が気を付けてあげることが大切ですね。

公開日:

9月  給食だより

9月  給食だより
新米が美味しい季節ですね!
日本人が育んできた米文化、収穫の秋には米にまつわるお祭りや伝統行事が、各地域で行なわれます。
ごはん(米)は、魚・海草・豆・芋・野菜などを食材とする和食のおかずに良く合います。 また、粒食でよく噛み、腹持ちがよく、噛めば噛むほど甘く満足感が広がります。  新米は特に美味しいですね。
家庭での休日のおやつとして、お母さんの愛情たっぷりの優しい心を結ぶ『お結び』、そして、子どもと一緒に作る“ 手作りおやつ ”として、取り入れてみてはいかがでしょうか。  立派な家庭での 《 食育 》です。

公開日:

8月  園だより

8月  園だより
❀ 素敵な子どもになるために ❀

朝食もしっかり食べて、元気なからだを培いましょう。
そして、大切なことば、食事のときのご挨拶は 
 『 いただきます 』 『 おごちそうさまでした 』 の習慣を、ご家族揃って
身につけましょう。
 人に感謝、物に感謝する心情は、大人がことばや姿で示しましょう。

公開日:

8月  給食だより

8月  給食だより
☆ 夏の食事のポイント ☆

 夏は体に暑さがこもり、たくさん汗をかくとエネルギーを作りだす時に必要な
ビタミンB群が排出されてしまいます。 また暑くて食欲が出ないこともありますね。
 夏のおすすめの食品は、たくさんビタミンB群が含まれている豚肉です。
また夏野菜には、夏に必要な水分とビタミン類がたっぷり含まれていて、暑さで弱るいを刺激し、消化を助け、のぼせを冷ます働きがあります。

公開日:

7月  園だより

7月  園だより
☆ 日本人の浴衣姿 ☆

子どもには可愛らしさ、大人にはカッコ良さ、日本人の民族衣装は外国の方の
憧れだそうです。
『 七夕親子でワクワク祭り 』のひととき、民族衣装を着せてもらう喜びは幸せいっぱい 夢いっぱい!  
喜びの数ほど子どもは、自己肯定感を高め,伸びやかに明るく育ちます。

公開日:

7月  給食だより

7月  給食だより
◆ 子どもにとってのおやつ ◆

子どもにとってのおやつは、体と心の栄養の為に必要なものです。    
子どもは胃袋も小さく、消化吸収能力も発達途中なので、3度の食事だけでは
栄養が整わないのです。   
しかし、摂り過ぎには注意しましょう。 適量を器に入れてあげるとともに、子どもの体は大人よりも多くの水分を必要としているので、おやつには飲み物を添えてあげて下さい。
1~2歳⇒2回、2歳以上⇒午後1回、毎月同じくらいの時間にあげるようにしましょう。

公開日:

6月  園だより

6月  園だより
◆ 夕食は家族そろって!◆

「 あ~おなかすいた~ 」
「 おいしいね。 お母さん(お父さん)お料理上手ね。 給食も全部食べたよ。    あのね・・・あのね・・・あのね・・・」
限りない話題のたねを、心おきなくたくさんおしゃべりできる時間、家族が集まる大切な時間は、生涯の思い出<宝物>。
ほめられた記憶、楽しかった記憶の思い出作り、子どもの成長を喜ぶ親の時間でもありますよ。

公開日:

6月  給食だより

6月  給食だより
食中毒が増える季節です!!
湿度が上昇するじめじめとした梅雨の季節には、食中毒の原因となる細菌類が繁殖しやすくなります。
細菌性食中毒の発生は、5~10月の間が多いので注意しましょう!

公開日:

5月  園だより

5月  園だより
“ そのまんまを受け入れて ”

お子さんの心境の変化は、表情に現れます。
大人は敏感に受け止めて、心の負担を早目に軽くしてあげることが大切です。
お子さんの心の動きに添いながら、適切なメリハリのある丁寧な言葉かけを
してあげることです。

公開日:

5月  給食だより

5月  給食だより
5月5日は子どもの日です。
端午の節供は五節供の1つで、男の子の節供です。
この日は、家々にこいのぼりを立て、ちまきや柏餅などを食べて祝います。 
よもぎやしょうぶを邪気払いのまじないに用いることも、ちまきを食べることも中国の風習です。 
日本へは平安時代に伝わり、貴族の間で取り入れられ、次第に民間に広がっていきました。

公開日: