社会福祉法人わたげのほし 花園保育園

*

2月  園だより

公開日:

2月  給食だより

公開日:

1月  園だより

❝  わか水  ❞

新年を迎えると、心や体、空気や水までも新しくなる気がします。
新年の水は、上代から「若水」と呼ばれ、その水をいただくと、生命がよみがえると言われてきました。
新しい年には、若水でお茶を点てるなど、家族そろって健康や成長を寿ぎましょう。

『  一桶を わか水わか湯 わか茶かな   一茶  』

公開日:

1月  給食だより

20170721124030798

【 春の七草を食べましょう! 】

1月7日に七草がゆを食べて無病息災を願う風習は、古くから日本で行われてきました。
もともとは中国の風習で、春の七草をかゆに煮込み家族で食べ、芽吹きのエネルギーをもらい、万病・邪気を払う為に行われた行事でした。
保育園では、7日のおやつに七草がゆをいただきます。

公開日:

12月  園だより

 

❝ たのしみは❞

江戸末期の歌人 橘 曙覧(たちばな あけみ)の家は、決して豊かではなかったが、歌に、
“ たのしみは妻子むつまじく うちつどひ 額ならべて 物をくふ時 ”とある。ご馳走ではないものの、家族がそろって食事をする幸せを詠んでいる。
生活のしかたは変わったが、家族揃っての食事の喜びは、昔も今も変わりない。

『 ことし米 親と云字を 拝みけり  一茶 』

公開日:

12月  給食だより

【 茶碗は手に持って!良い姿勢につながります】

◎正しい茶碗の持ち方…親指を上に、4指を糸底に。

茶碗を胸の位置に保つと、背筋がピーンと伸びます。茶碗は子どもの手に合った大きさで、重すぎず安定感がああり、糸底があるものを選びましょう。

公開日:

11月  園だより

❝ なぜ? ❞

NHKのラジオ「子ども科学電話相談」で、「飛ぶことができる鳥が、なぜ歩くのか?」「星の色に、赤色、黄色、青色があるのは、なぜか?」などと、4~17歳位の子どもの「なぜ?」に、科学者が分かりやすく解説する。
質問や解説への興味がつきない。日々の生活の中での、子どもの「なぜ?」の背中を押してあげたいものだ。

七五三 飴も袂も ひきずりて  原田種芽

公開日:

11月  給食だより

☆ 歯を大切にしましょう ☆

このような食生活は、虫歯の原因になってしまいます。
① 甘い菓子や飲み物のダラダラ食べ
② 歯磨きをしない
③ やわらかい食べ物が好き

『 歯の主成分! 「 カルシュウム 」を多くとろう! 』

牛乳・乳製品、小魚、大豆・大豆製品、緑黄色野菜など

公開日:

10月  園だより

                ❝ としょ係 ❞

子どもたちは、週末の絵本借りを楽しみにしている。その貸し出しのお世話をする❝としょ係❞は、子どもたちの憧れだ。
他人のお世話をする(役に立つ)姿から、子どもたちの喜びや充実感が伝わってくる。他人に役立つ喜びも、触れさせたい一つです。

『 読み初の 本の大きな 活字かな 』   細川加賀

公開日:

10月  給食だより

食欲の秋です!

実りの秋!味覚の秋!がやってきました。
秋は、旬のおいしい食べ物がたくさんあります。
梨にぶどう、さんまやなすなど、食欲をそそるおいしい食べ物ばかりです。
好き嫌いをせずに、何でもたくさん食べて、秋の味覚を味わいましょう!!

公開日: