社会福祉法人わたげのほし 花園保育園

*

6月 園だより

❝ サルからゾウヘ ❞

ゲームやメールが生活にとけ込み、家庭内での語らいが少なくなっていると言う
そこで、『見ザル、聞かザル、言わザル』ことの多いパパ登場だ。『見るゾウ、聞くゾウ、言うゾウ』と、ゾウの力量を発揮してほしい。子どもを規律正しく、たくましく育てるパパの役割は、きわめて大きいゾウ!

「 父の日と いふ日がありて 子が訪い来 」  安住 敦

公開日:

6月  給食だより

☆ 6月は『食育月間』です ~ みんなでよもぎクッキーを作りました ~

☆ 食中毒にご用心

公開日:

5月  園だより

【 子どもの日 】
 鯉のぼりが大空に泳ぐ5月5日は、端午の節句、国民の祝日「こどもの日」です。
「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかる」として定められました。
「こどもの日」でひとつお忘れなく! 1948(昭和23)年制定の法律ですが、後段には、「母に感謝する」と言葉もあります。
あの頃の 父のげんこつ 柏餅    松尾信太郎

公開日:

5月  給食だより

❝季節のお野菜に触れましたvEmoji198.gif
4月19日(木)
保護者の方から立派なたけのこを頂きました。展示した後、わたげさんは大きなたけのこを見て、「洋服みたいに何枚も皮があるね」「土がついてる」「おもい!!」など、たけのこの特徴に気づいていました。みんなで協力して皮むきをしてくれたたけのこは、給食室でアク抜きをし、翌日のおやつのたけのこごはんにして、おいしくいただきました。

公開日:

4月 園だより

❝ ようこそ おひさまさん ❞

3月に、わたげさんが小学校に飛び立ち、新しいおひさまさんを迎えました。
❝おひさまさん ようこそ花園保育園へ !❞
お友だちも出会いを楽しみにしています。1日も早く園の生活に慣れて、お友だちといっしょに、健やかに成長してください。ママたちもしっかり支えます。

おすわりの 出来かけし子の 着ぶくれて   稲畑 汀子

公開日:

4月 給食だより

 

【 園での離乳食について 】

アレルギーなどの観点から、園では家庭で食べた食材しか提供できないことになっています。
当園では、食事を提供する前に離乳食面談を行って、食事の内容をお聞きしたり、食材チェック表を用意し、定期的に食べた食材のリストにチェックをお願いしています。

公開日:

3月 きゅうしょくだより

早いもので、もうすぐわたげさんは卒園です。4月に比べると、食べる量もスピードも早くなり、完食する子がほとんどで、ごはんのおはなしでも積極的に発言したり、驚くことばかりです。

たんぽぽさん・つぼみさん・未満児さんもそれぞれ進級しますね。
わたげさんに負けないよう好き嫌いなく食べて毎日元気に過ごせるといいですね。

公開日:

3月 園だより

”小学校は希望です”

「船が長崎の港内に入ったとき、竜馬は胸のおどるような思いをおさえかね、『長崎はわしの希望じゃ』と睦奥陽之助にいった。」は、司馬遼太郎『竜馬がゆく』の一節です。
4月から小学1年生にすすむ わたげさん、「小学校は わたしの希望です」と、胸のおどるような思いで 入学式を迎えてください。

入学児 てつなぎはなし またつなぐ
                 右城墓石

公開日:

2月 園だより

2月   園だより
❝ 節分 ❞

 鬼を怖がる子、立ち向かう子など、節分はにぎやかだ。怖いもの知らずの昨今の子どもだが、怖さに学ぶことも成長に欠かせない。
 上代から日本人は、海、山、川などに神が宿ると考え、畏敬の念を抱いてきた。神様への感謝と幸せを願って、『福は内!鬼は外!』。
 
 立春に はげまされたる 心かな    国弘 賢治

公開日:

2月 給食だより

2月  給食だより
【 2月3日は❝節分❞です 】

 節分は季節の分かれ目を意味します。「鬼は外!福は内!」と声を出しながら、豆まきをして邪気を祓い清めます。季節の変わり目には天候が不安定な為、病気にかかりやすく、その悪い鬼(病気)を追い払うよう豆まきをします。
 豆は煎り豆を使います。生豆を使わないのは、「拾い忘れたものから芽が出ると、よくないことがある」といわれているからです。豆まきの後は、無病息災を祈って年の数だけ豆を食べましょう。
 大豆は「畑の肉」と呼ばれるほど良質なタンパク質を豊富に含んでいます。その他にも、ミネラル、食物繊維などを多く含んでおり、栄養価の高い食品です。

公開日: