社会福祉法人わたげのほし 花園保育園

*

6月1日(水)  小屋入り

             小屋入り

今年もいよいよ、鯱太鼓のスタートとなる小屋入りの日です。

わたげさんは小さい頃からこの日を楽しみに、自分たちの番がやって来た

おお張り切りで、朝から衣装を身に着けました。

最初に清祓いから。

お道具と、お稽古をしていく子どもたちも、お祓いしていただきました。

そして、山車と太鼓の、園ママたちによる、お手本のご披露です。

子どもたちの良き手本となれるよう、しっかりお稽古し、この日を迎えました。

           

緊張しつつ、無事終えた後は、いよいよわたげさんの初担ぎです。

園ママに手助けしてもらいながら、しっかり担ぎ上げました。

これからお稽古を通して、強い体と心が育まれていく事と思います。

10月には、いろいろなお祭りで立派なご披露できるよう、頑張っていきましょう

最後は、恒例のまきもち。

わたげさんから縁起を担いで、たくさん拾えるよう頑張ります

お餅を食べて、今年も元気におまつり遊び、頑張っていきましょうね

公開日:

5月25日(水)  ペンギン水族館遠足

          ペンギン水族館遠足  

雨の予報だった為、急きょ来月の予定と変更して、ペンギン水族館に出かける

ことになりました

つぼみさんは行きのバスの中でも、大はしゃぎで待ちきれない様子

到着すると、まずは1階の大水槽で、ペンギンの泳ぐ姿や、いろいろな種類の

魚達が一緒になった水槽に大興奮

       

途中、ペンギンの海水浴タイムになり、見学へ。


よちよちペンギン歩きで進んでいくペンギンたちに、興味津々

                    

最後は海に入って行くところまで見送り、気持ち良さそうにすいすい泳いで

いくペンギンたちに、感激していました。

その後は、館内に戻り、様々な海の生き物たちを見て回りました。



普段、目にしたことのない生き物たちに、少々騒がしくなりつつ、感動して

見入っていた子どもたちです (次回からは、もう少し静かに落ち着いて

行動しようね)

タッチングコーナーでは、意外な子が臆せず触れたり、いつもは強気な子が

怖がって触れなかったりと、面白い発見がありました

午後から、ペンギンさんへのタッチングタイム。

きれいに手を消毒して、順番に係の方との約束を守って、触らせていただきま

した。

                            

意外にザラザラとした体の感触に驚いたり、とってもやさしく背中を撫でてあげ

ていた子どもたちの姿が、印象的でした

そのあとは、ビオトープ広場へ

年齢別に分かれ、それぞれ散策して、生き物を発見したり、カニに触ってみよう

とチャレンジ

アメンボやメダカ、カニ、トンボなど、生息する生き物を見つけて観察したり、

看板に書かれてある生き物を見つけようと、しっかり読み込んでる子どもも

いました。

日常なかなか見ることの出来ない生き物たちと触れ合うことができ、

大満足の1日となりました

翌日・・・

子どもたちの気持ちが鮮明に残っている時にと、みんなで大きな模造紙に、

昨日見た景色や生き物たちを描いて楽しみました。

よほど印象深かったのか、何枚も描き続けていました。

とても貴重な体験となりました

公開日:

5月23日(月)  学童交流会 ~園にて~

       学童交流会 ~花園保育園~  

今日は、運動会の代休日ということで、子どもの家(学童)のお兄さん.お姉さん

たちが交流会にやってきてくれました。

今回は、今年度最初ということで、子どもの家メンバーが、各自遊んであげたい

クラスにお邪魔し、一緒に1時間ほど過ごしました。

あっという間に感じるほど、各お部屋やホール、お庭や屋上など、思い思いの

場所で楽しい時間を共に過ごした子どもたち。

特に、お姉さんたちは、おひさま・ふたばクラスの小さい子どもたちとの触れ合

いが、関心が高かったようです

次回は夏。

今度は、夏ならでは製作遊びを楽しむ予定です。

公開日:

5月19日(木)  水泳教室 ~市民プール~

   水泳教室 ~市民プール~  

今年度も、わたげさんは春季の水泳教室に、参加することになりました。

園では、組み立て式のプールなので、広々としたプールで、

まずは水に慣れ、それから泳ぎ方を教わっていきます。

水が苦手な子どもも、楽しみながら、その子のペースで進めてもらえる

ので、イキイキとチャレンジするわたげさんたち

 

  少しずつ顔を水につけられる

ようになり、自信がついてきま

した


   

夏までに泳げるようになって、

海水浴も楽しめるといいね

公開日:

5月12日(木)  美術館散歩

           美術館散歩  

今日は、わたげさんが初めて « 美術館 » へ、来館しました。

家族で来たことがある子も少なく、みんなワクワクドキドキ。

時間まで水辺の森公園を散策すると、魚や川岸に取り付けてある浮き輪に

興味津々  

「 何のためにあるとかな? 」 

「 泳ぎたいひとのためじゃない?」 

「 もしかして、おぼれた人を助けるためじゃない?」

自分たちで考えを巡らせていました

美術館に到着すると、今回の担当スタッフの方にご挨拶。

          

とてもわかりやすく丁寧に、美術館の仕組みや、中の展示物について

説明したり、案内をしていただきました。

 絵を観ながら、何の絵に見えるか、

どう感じるかなど、

少し難しい絵も、子どもの感性を

上手に引き出し、関心を高める言葉

掛けに、私たちも勉強になりました

  こちらは、展示物用の巨大なエレベー

ター。

特別に、乗せていただきました

           

屋上庭園では、ガラス張り橋を、恐る恐る渡り、ちょうど停泊していた

豪華な巨大客船や、長崎港が一望でき、感激していました

         

美術館が、難しい所ではなく、身近に感じられ、子どもたちなりに、

何か感性を刺激された貴重な体験となりました。

今度は是非、親子で訪れてみて下さいね

公開日:

5月2日(月) 子どもの日のお祝い

  子どもの日のお祝い 

今日は、園での『子どもの日』のお祝いの日です。

4月中旬からお庭に揚がったこいのぼりは、気持ち良さそうに風に泳い

でいます。

子どもたちが製作したこいのぼりも、それぞれのお部屋に飾られまし

た。

おひさまクラスは、 

柔らかなお花紙を、手で

クシャクシャと丸めました。

手で握って遊べるこいのぼり

です

わかばクラスは、

染紙や、シール貼りで、

かわいいこいのぼりが

出来上がりました

        

子どもの日について、園長先生からお話を伺い、元気でたくましく

大きくなりたいと心に誓ったところで、お待ちかねのお祝いバイキング

です

        

ちらし寿司やから揚げ、ポテトサラダなどなど。

色合いよく、美味しそうなごちそうの数々にたまらず何度もお代わり

する子どもたち

つぼみさんは、初めての体験でドキドキ



自分たちでよそい、美味しくいただきました

大きいお兄さんやお姉さんたちは、何度もお代わりして大満足。

おやつには、季節でお祝いの« 柏餅 »をいただき、

お祝い尽くしの1日となりました。

これからも元気に成長していきますように・・

公開日:

平成28年度 4月28日(木)  あぐりの丘遠足

      あぐりの丘遠足 

今日は今年度初の遠足の日です。

雨天の為、1日延期しての本日となりました。

つぼみさんは、初めてのバス体験に車内でドキドキワクワク

目に入るものに、1つ1つ大騒ぎの子どもたちです

あぐりの丘に到着すると、まずは飛び石のある池の広場へ。

今日は風が強かったので、飛び石は渡れませんでしたが、池の周りを

ぐるぐる走りまわり、散策して楽しんでいました。

そのあと、エサやり体験へ。

初めは及び腰の子どもたちでしたが、慣れてくると上手に手の平に

エサをのせて食べさせていました。

アスレチックでは難しい遊具にも挑戦

思いっきり体を動かして楽しんでいましたよ

午後からは、たんぽぽ・わたげさんは牧場広場へ。

大きな牛や馬を間近に見ることができ、驚きの声をあげていました。

        

その後つぼみさんも合流し、しばらく遊んでおやつを食べたら、バスで

園へ。

心地よい疲れに、みんなスヤスヤ眠りに誘われていました

自然豊かで動物にも触れ合うことができ、大満足の1日でした。

また来年も、遊びに来たいね

公開日:

2月16日 わたげクッキング ~カレーライス作り~

   わたげクッキング ~カレーライス&サラダ作り~ 


今日は、最後のわたげクッキングです。

昨日、作り方や材料のお話を聞いていたので、朝からワクワク

時間になると、身支度をササッと済ませ、手洗い&消毒して準備OK

               

説明を聞くと、早速調理に取り掛かりました。


玉ねぎの皮は、手で剥いていきます。

「 目にしみるね~ 」とぼやきながらも、丁寧に作業していきます。

ピーラーの使い方も、手を切らないよう、慎重に上手になりました。

切り方も、❝猫の手❞を添えて、注意しながら出来るようになっています。

下準備ができたら、お鍋で炒めていきま

す。

鍋肌は熱いので気をつけて

クラスの人数分なので、

たくさん具が入って重たいけど、

しっかりかき混ぜてね

あとは、火が通るまでグツグツ煮込んでいきます。

       

その間に、サラダ作り。

キャベツ、きゅうりを食べやすい大きさに切っていきます。

それから保育園では、さっと湯通しして氷水にさらします。

そして、マヨネーズとコショウで和えたら完成

カレーの具も火が通ってやわらかくなったようです。

最後にルーをいれると、こちらも完成

お腹を空かせたたんぽぽさん、つぼみさんがお部屋に帰ってきましたよ。

急いで盛り付けましょう


配膳もお当番で慣れたもの

美味しそうな香りに、

みんなはお腹ペコペコ

配り終わったら、

みんなでいただきましょう

          

          
「 いただきま~す 」

「おいしいね~」の声に、わたげさんもとっても嬉しそうな表情

いつもは食べるのに時間がかかる子も、今日はあっという間にペロリと食べて

しまう姿をみて、

「 わたげが作ったけんおいしいとかな 」と、満足気に語り合うわたげさん

たちでした。

たくさんあったお代わりも、きれいになくなり、みんなおいしくいただきました。

わたげクッキングで覚えた料理を、これから役立てていって下さいね

公開日:

2月3日(水) 節分 ~鬼がやってくる?~

     節分の日 ~ 鬼がやってくる?~ 

今年もいよいよやってきました節分!

朝から子どもたちはソワソワ、ワクワク。

自分たちで作った鬼のお面をつけ、昨日給食室で炒ってもらった大豆を豆袋に

いれてもらい、豆まきを体験します。

まず、園長先生より、節分の日について、お話いただきました。

          

それから、わたげさんは小さいクラスのお友だちの部屋へ、鬼役になって

おどかしに向かいました。

    

    こちらはおひさまクラス。

まだ鬼の実感がないのか、

キョトンとした様子でした。

ふたばクラスはさすがに

怖さを感じ、

泣き出す子どもたちも。

わかばクラスになると。さすがに鬼の怖さが分かり、泣き叫ぶ子どもたち。

でも、泣きながら豆を果敢に鬼に投げる子どももいました!

つぼみとたんぽぽさんは、互いに鬼役になり、豆まきを体験。

「 鬼は外~! 」 と 豆をぶつけて鬼を退治していました。

その後、わたげさんも豆まきを体験。

つぼみ・たんぽぽが鬼になって、おどかしてくれました。

外にも 「 福は内~! 」と、豆をまき、幸福を呼び込みました。

それからみんなで豆を拾い集め、年の数だけいただこうとしていたら・・・

鬼が登場

必死に逃げまどいながらも、豆を投げる子どもたち!

みんなの頑張りで、鬼も退散しました

鬼が去ったことを確認すると、ほっと一安心

改めて豆を拾い、年の数だけいただきました。

最後は、わたげさんがママたちと一緒にお掃除。

隅々まできれいに掃いてくれました

これで1年、心の中の、イジワル、泣き虫、わがまま鬼を退治して、

楽しく元気に過ごせますように・・

ちなみに。。

鬼は小さいクラスにも登場!

 
  いつもはやんちゃな子どもたちも、

この時ばかりは、

担任のママにしがみついて

鬼の怖さを実感していました

おやつには、恵方巻をいただきました。

大きいクラスでは、自分たちで巻きすを使い、手作りしました。

出来上がると、今年の縁起の良い方位である【 南南東 】 を向いて、

食べ終えるまで無言でいただきました。

いつまはおしゃべりなメンバーも、今日ばかりは皆に倣って、

最後までおしゃべりしないで食べていましたよ。

給食では、鬼大根が入ったなますや、鬼が苦手なかながしらやイワシの代わり

に、キビナの天ぷらをいただき、節分にちなんだ1日となりました

公開日:

1月22日(金)  お正月親子でお遊び会

      お正月親子でお遊び会 

今日は保護者の方々に保育に参加していただき、園でのお子さんの姿を

一緒に遊びながら体験していただきます。

今年もたくさんの参加があり、子どもたちも朝からワクワク

お正月にちなんだ遊びや、節分に向けての製作を親子で楽しみました。

大きいクラスのお集まりでは、毎日体操や、文学遊びを保護者の方にも

体験していただきました。

思ったより、体を使い、全身しっかり運動になる事を実感!

文学遊び・わらべうたでは、一緒に遊んだり、文学のお話に出てきた

動物の絵を親子で楽しみながら描いていました。

その後は、こま回し大会

           

わたげさんは、サンタさんからの贈り物のコマで練習を重ね、

この日に臨みました

たくさんの人に見守られ、いつもの力を発揮できない姿もありました

が、嬉しい気持ち、悔しい気持ちもいい体験

これまでの頑張りを褒めてあげましょう

お昼ごはんも、大きいクラスは一緒にいただきました。

ご家庭とは違い、苦手な物でもしっかり食べる姿や、姿勢正しく

食事する姿に感心される場面や、モリモリ食べるお友だちの姿に

考えさせられたりと、保護者の方も、いい機会になりましたと、お話

いただきました。

午後からは、育児講座です。

『 心と体にやさし食事 』というテーマで、自然食の大切さを

伝えられている下田先生をお呼びして、お話いただきました。

どういう食事が、大人になって健康な体でいられるか、データや実態調

査をもとに、お話いただき、改めてお味噌汁ごはんの大切さを実感しま

した。

実際に持参いただいた、«ごぼうみそ・玄米おにぎり» は、とても

美味しかったです

終わった後も、先生のもとにたくさん質問に来られる保護者の方もい

て、関心の高さを感じました。

長い1日になりましたが、お子さんにとっても、保護者の皆さんにとって

も、有意義で楽しい時間となっていただけたかと思います。

たくさんのご参加、そしてご協力ありがとうございました

公開日: