社会福祉法人わたげのほし 花園保育園

*

8月10日  わたげクッキング ~フルーツ白玉作り~

         わたげクッキング ~フルーツ白玉作り~ 

今日は、初めてのわたげクッキングの日です

前日に、買う物の担当などを決め、自分たちでお金のやり取りも行うことに。

買い物バックを持参し(絵本バックを代用しました)、八百屋さんへ出発
 
                                           

到着すると、早速自分の担当の果物をお買い物。

初めてのやりとりにドキドキの様子でしたが、事前にお店の方に

お願いしていたので、一人ずつ丁寧に応対していただき、

無事お金のやり取りまで体験し、すべての買い物を済ませることができました。

                                        

お昼ごはんを済ませたら、いよいよクッキングスタート

         
       

 まずはシロップ作り

 トロッとなるように、やけどしないよう

気をつけながら、水と砂糖をかき混ぜていきます。

それから、白玉作り  白玉粉と水を混ぜ、食べやすい大きさに丸めます。

   「 耳たぶくらいのかたさだよ 」

 
 「 もうちょっとかな・・・?」

       「 ちいさくまるめてね 」

   「 やわらかくてむずかし~ 」

 
                 

 全部丸めたら、沸騰したお湯の中に、ゆっくり入れていきます。
   
 茹で上がった白玉とシロップは,冷ましておきました。
                      
            

 次に、果物を切っていきます。

 包丁を扱う際、添える手は “ ねこの手 ” のお約束。

 
 

          

    「 ゆっくり。 ねこの手だよ 」

 初めてのクッキングなので、時間をかけてゆっくり丁寧に進めていきます。

                                                                       

   スイカは、スプーンでくりぬきます。

  「 ま~るくするのって、

           むずかしいね 」 

 そしてすべての材料が揃ったら、白玉、シロップと合わせて完成

 器についで、みんなで美味しくいただきました

        

 みんなからの 「 おいしい~ 」 の声に、照れくさそうな表情の

 わたげさん

 たっぷりおかわりして、満腹&大満足の初クッキングでした
  

公開日:

7月・8月  平和学習

                          平和学習 

 7月 

クラスのお集まりの時間に、子ども達に分かりやすく、戦争や原爆、

平和について話をしました。

そして、みんなで協力して、おおきな折り鶴を折りました。

( シャボン玉を吹いて、色をつけたものです )

   

       

     
     
                     出来上がりました

              

7月末、わたげさんは、平和学習として、原爆資料館片足鳥居の

大クスの木を見学に出かけました。

  

    

    被爆したみなさんの

  ご冥福を祈り、

  みんなで黙とうしました。

 ( 当時の体験をする為、防空頭巾をかぶっています )  

  
  その後、原爆資料館で被爆した街や人々の姿を見学して、とても

  熱心に説明を聞いたり、尋ねたりして、子ども達の関心の高さが

  伝わってきました。

  それから、山王神社にむかいました

  被爆して片足だけになってしまった片足鳥居や、大クスの木

  見学しました。

    

 聴診器を持っていき、クスノキが水を吸い上げる音を聞きました。

「 聞こえる!」 「 生きてるね!」 

 生命を感じ取り、感動した様子の子ども達です。

 古紙回収で作ったお金を治療費として役立ててもらい、クスノキが元気

 になって欲しいと想いを込めて、一人ひとり絵を描いた袋にいれ、寄付

 してきました。
                          
    

7月28日( 木 )

 平和学習の日です。

 毎年、平和平和行進実行委員会の方に、戦争や原爆について

お話いただいたり、映画を上映してもらい、子どもたちなりに、

その怖さ、恐ろしさ、そして平和の大切さについて、考えています。

     

最後には、泣き出してしまう子もいましたが、それだけしっかり、

戦争・原爆の怖さを、ちゃんと感じ取ってくれたようです。

終わった後に、子ども達のなかから、仲よくすることって大事なんだよ

という言葉が聞かれるようになりました。

   

 8月9日 11時2分  黙とう・・・

  
     

爆心地の方に向かい、みんなで黙とうをささげました。

その後、園長先生から、改めてお話を伺い、平和の大切さを

心に刻んだ1日となりました。

公開日:

7月22日 弁天白浜海水浴

                   弁天白浜海水浴 

今月の遠足は、近くの弁天白浜へ、海水浴へ出かけました

いいお天気に恵まれ、海に着くと、すぐに荷物の整理を済ませて、準備運動

開始  危険な事など、しっかり約束をして、早速海へ

初めは、波にドキドキして、波打ち際でウロウロしていましたが、だんだん

海水の冷たさにも慣れてくると・・・

元気に泳ぎ始めました

 砂浜では、打ち寄せる波を体で感じたり、サラサラの砂の感触を楽しむ子ども

 たち

   「 きもちいい~!!」

 「 おだんご 上手でしょ」 

たっぷり楽しんだら、美味しいお弁当をみんなでいただきました。

その後は、またひと泳ぎ

そして、最後にお待ちかねの  スイカ割り  タイムです

    
   まっすぐ前に進むのは、

   なかなか難しい

   「 ここかな~ 」

               「 こっちだよ~  

     手を叩いて、みんなで向きを

     伝えます。

 
    ・・・でも、なかなか割れません。

    最後に、園ママたちもチャレンジしました

    

 「 がんばれ~!!!」

子ども達の声援も、一段と熱が入り、

やっと割れました

      

 
         

  
   「 甘くておいしい~」 

心ゆくまで食べつくし、大満足の1日でした

公開日:

7月15日・16日 わたげキャンプ

                わたげキャンプ        

 7月15日・16日は、待ちに待った“ わたげキャンプ ”の日。

晴天に恵まれ、意気揚々とわたげさん達は出発していきました。

  路線バスに乗って、まずは大波止のターミ

 ナルまで。 

 暑かったので、時々木陰でお茶休憩を

 とりながら向かいました。

                              

フェリーでは大興奮

「イルカがいるかな?」「なみがついてくるよ!」

一つ一つの出来事に、楽しみがいっぱいです

高島キャンプ場に到着しました。
   
           

荷物を整理して、ひと休みしたら、さっそく夕ご飯のお米とぎです。

その後は、島の中をお散歩

いろんな遊具で遊びました


 

そして、夕飯作り

 
  まずは野菜を洗います。

 
 「 たまねぎ、めにしみそう~

  メニューは『 バーベキュー 』

 野菜やソーセージなど、
 
 材料を自分たちで切っていきます。

 


  

   下ごしらえが済んだら、

  楽しい夕食タイムです

 

 
自分たちで握ったおにぎりと一緒にモリモリ食べ進んでました

          

食事が済んだら、近くの温泉へお風呂に入りにいきました。

初めての仲間とのお風呂で、男の子たちはちょっと羽目を外してしまう

場面もあり、引率していただいた土居さんには、大変お世話になりまし

すっきりした気分でいよいよお待ちかねの花火の時間です

   意外に初めての子どもたちも

  多く、ドキドキしながら、

  慎重に花火を楽しんでいました。

そして、いよいよ就寝。

初めての場所で、なかなか寝付けない子どももいましたが、

無事1日目は終了しました  

公開日:

7月15日・16日 わたげキャンプ ②

                        わたげ高島キャンプ ② 

2日目

今日もとってもいい天気になりました。

子どもたちは早起きです。 5時半頃には、もう何人も起きだしてきました

6時半になると、ラジオ体操の時間です。

朝日を浴びて、しっかり体を動かし目を覚ましたら、お散歩に出かけました。

 
  おだやかな外海の、

  いい景色の中、

  島内を散策しました。

 『 海の中にはどんな生き物が

   住んでいるのかな? 』

 みんなでじっくり観察です

いい具合にお腹も空いて、帰ってきたら朝ごはんです 
( メニュー : しらすかけごはん ・ わかめと豆腐のお味噌汁 ・ たくわん) 

食べたい分を、自分たちでよそって 「 いただきま~す  」

みんなすごい食欲で、朝から何杯もおかわりする子が続出でした。

自分たちのテントを掃除して、帰り支度を済ませたら、水着に着替えて

スタンバイ   お父さん・お母さんの到着を楽しみに待ちます

9時過ぎ、約1日ぶりに親子がご対面しました

とっても嬉しそうに、昨日1日の出来事を報告し、喜びとホッとした表情の

わたげ親子の皆さんです

海水浴の際の注意事項をきいて、準備体操をしたら、早速海へ

親子で楽しい海水浴を満喫しました

 

 
 
                             

きれいな高島の海で、たっぷり泳いだ後は、お楽しみの 《 スイカ割り 

    「 うん!?  

   どっちだろう 

  みんなの呼び掛けに、

  あちこちうろうろしながら、

  スイカを目指して進みます


     

              意外と難しくって、

     なかなか当たりません

     

     小学生のお兄ちゃん・お姉ちゃんや、

     お父さん達にも、お手伝いしてもらう

     事にしました。

    
                  
           

 そして、やっと割れると、みんなでおいしく

 いただきました


    「 あまくておいし~

     
       たっぷりのスイカを
 
       みんなでがっつり、
 
       食べつくしました 

              

その後また、ひと泳ぎしてソーメンとおにぎりのお昼ご飯を食べたら、

楽しかったキャンプも、解散となりました。

保育園生活の中で、とっても嬉しい、そしてちょっぴり成長した、楽しい思い出

になったことと思います

公開日:

6月3日  芋の苗植え~深山保育園へ~

    いもの苗植え体験 ~JRに乗って深山保育園へ ~ 


今年は、姉妹園である 諫早の深山保育園 にわたげさんがお邪魔して、

うめぐみさん一緒にサツマイモの苗植えを体験しました。

JRに乗って、ワクワクしながら諫早駅へ

駅に同じ年のうめぐみさんがお迎えに来てくれていました

初対面で照れくさそうでしたが、お互い興味津々の様子

園まで引率してもらい、深山保育園に到着しました。

        

早速説明を聞いて、苗植え開始
 

「 どっちがした?」「 どんくらいうめればいいと?」
と、子どもたちは興味津々。 

深山保育園で畑作りから日曜大工、そして山を切り開き子どもの遊び場まで作って下さっている、頼もしい存在『 深山のおじちゃん 』に、丁寧に苗の植え方から、最後に畑の水分を保ってくれる為のもみ殻まきまで教えていただき、おっかなびっくり、チャレンジしていきました。

だんだん慣れてくると、
手つきも良くなってきました

  
  
  「 大きくなぁ~れ 」

  最後に願いを込めて、

  もみ殻をまきました。

次はお楽しみの給食タイム

今日は深山保育園の給食を、開墾した丘でいただく事になりました。
  
              
ボリューム満点メニューで、うめぐみさんに負けないように、わたげさんも
頑張っていただきました!  
とっても美味しかったですよ

丘には自然のつわふきが自生していて、滅多に見たことがないので、
記念に摘んで持って帰る事になりました。

背丈位もある大きなふきにビックリの子どもたち

保育園に持ち帰って、後日給食でいただきました。

  

  ちょっとひと休みしてから、

  うめぐみと一緒に近くの本明川へ。

  飛び石橋を渡ったり、

  河原で短い時間でしたが、

  交流を楽しみました。

          
           

深山保育園の皆さんありがとうございました

秋に今度はつぼみさん・たんぽぽさんを連れて、芋掘りに行きますね。

よろしくお願いします

公開日:

6月1日  小屋入り

          ◆ 小屋入り ◆  

今日は6月1日。

本場の長崎くんちと同様に、立岩保育園でも小屋入りをとりおこないました。

          

生憎の曇り空ではありましたが、

鯱太鼓で使用する山車太鼓、龍踊りのドラ、楽器類など、

全ての道具をそろえ、準備は万端!

はじめに “ お清め ” を行ないました。

   まずはお道具から。

   半年間無事に壊れず当日を迎えられるよ

   う、塩・酒・米をかけていきます。

次に、子どもたち。  

ケガの無いよう、元気に最後までお稽古が出来るよう、そして立派に当日演技

が披露出来るよう、お清めしていただきました。

神聖な雰囲気に、子どもたちも神妙な面持ちで頭を下げ、順番を待っていまし

た。

 
   参加した保護者の方も、ご一緒にお清めを

         体験されていました。

次に、保育園のママ達による、鯱太鼓の模範演技です。

この日に向けて、毎年ご指導頂いている銀屋町の『 鯱太鼓 』の指導者

高木先生にお越しいただき、事前に確認してもらいながら、練習をしてきまし

た。

                          

  お手本になれるよう、

  ゆったりとした大きな掛け声を

  出し、きびきびとした動きを

  心掛けてママ達も頑張りました

はいよいよわたげさんの初担ぎです 

      

    構える姿もまだぎこちなく、

  嬉し恥ずかしの初々しい姿です

  
  『 ア~ア ヨ~イヤサー ヤッ!』

  掛け声と共に、担ぎあげました。

  まだ慣れないので、四隅を

  保育士がサポートします。

   そして、左右の振りや、マワレ、

  ホーライコなど、

  ひととおり体験しました。

  「 たのしかった~ 」と、感想を

  言い合う子どもたち

半年後の 立岩神社祭り ・ ちびっこくんち では、掛け声とともに

勇ましく担ぎ演技する姿が楽しみです
  

そして、お楽しみの もちまきタイム


 
わたげさんから順に、

 「 ここだよ~!」と

 アピールしながら、

 必死に集めています
                                                              
 

                                                               
     

                                                               

          おひさまクラスから、保護者の皆さん、

    職員までみんなでもち拾いに

    参加し、楽しい体験をしました

    
      半年後の、わたげさんの鯱太鼓が楽しみですね

公開日:

5月25日  作って遊ぼう!& 学童交流会

       作って遊ぼう  & 学童交流会

今日は今年度初めての “ 作って遊ぼう! ” の日です。
異年齢のグループを作り、テーマを決めて、いろいろな素材や材料を使い、
普段よりダイナミックに造形遊びを楽しみもう!と、年に4回計画しています。

今回のテーマは 『 絵の具で遊ぼう 』

ということで、4グループに分かれ、準備はOK!

汚れても大丈夫な格好に着替え、早速スタートしました。

…でも、1回目ということでとまどいもあるのか、おそるおそる始める子ども達。

ボールや毛糸、ひも、段ボールなど、様々な材料を使って、徐々に

活発に遊び始めました。

途中から雨が降り始め、1時間程でお終いとなりましたが、ちょうど良いタイミ

ングだったようです。

そして・・・

午後からは、学童交流会を催しました。

           

朝、製作した作品に、グループでテーマを決め、学童のお兄ちゃん、お姉ちゃ

ん達と、今度は空き箱などの廃材や、折り紙などで作品を作り、絵の上に貼り

付けて行きました。


  照れながらも、お互い話し合いな

  がら、進めていく子ども達

  やはり、学童さんはアイデアが
 
  豊富です
  

  

  協力して、作品が作り上がって

  いきました
     

出来上がった作品がこちら・・・
   
    『 どうぶつえん 』                         『 もり 』

             


   
                                 
                              

                                    『 うちゅう 』        

    『 くもともり 』           素敵な作品ができあがりました

                      次はどんなテーマになるか

                      楽しみですね  

公開日:

5月6日  母の日にむけて ~ よもぎクッキー作り② ~

        よもぎクッキー作り 

今日はお楽しみの子どもクッキング

みんなで摘んだよもぎを使って、お母さんによもぎクッキーを作ってあげようと

朝からはりきって登園してきました

     

    まずはしっかり手洗いから

  石けんでごしごし洗って消毒したら、

    準備OKです

   クッキングスタート

 4人ずつ位のグループに分かれて、

 バターをやわらかくなるまで

 泡立て器で混ぜていきます。

  
   次は、卵を溶いて加えます。

  しっかり混ざったら、大事なよもぎペーストを投入。

 そして小麦粉・ベーキングパウダーを加え、

 さっくりと混ぜ合わせます。


                           小さいクラスの子ども達も、

           一生懸命お手伝い

           おいしくできるかな

    
        いよいよ形成

   お母さんの顔や、お母さんが好きな物、

   家族みんなの形・・etc

       思い思いに、想いを込めて形をつくっていきました。

   

             小さいお友達も,粘土遊びの感覚で

      楽しんで形成していましたよ。

      どんな形に焼きあがるか

   楽しみです


              焼きあがりました

                  手作りしたプレゼントと一緒に、

              焼きたてのクッキーを添えて、

                                                        感謝の気持ちを込めてお母さんにプレゼントしようね

公開日:

4月27日  母の日にむけて ~ よもぎクッキー作り① ~

      よもぎクッキー作り ~ 子どもクッキング ~  

5月8日は 母の日

今年も手作りのよもぎクッキーをプレゼントしようと、大きいクラスの子どもたちが、

よもぎ摘みに出かけました

最近はなかなかよもぎが見つからないことも多いんですが、今年は大豊作

稲佐山登山道入り口近くで、大量に発見し、きれいなものを選んで、たっぷり摘んで来る事が

できました。

摘んできたよもぎは、わたげさんがきれいに選別し、洗ってから、よもぎペーストを作ります。

  
  
 まずはお湯で茹でていきます。

   よもぎの独特の香りに包まれ、

   どうなるのかドキドキ

           
   今度は包丁で切っていきます。

   初めての包丁なので、

   ゆっくり、手取り足取り

   教えていきました。

     そして最後に、みんなで力を合わせて

     大きなすり鉢とすりこぎで、

     ペースト状になるまですっていきました。

    
     出来上がったよもぎペーストを使って、

     いよいよ、よもぎクッキー作りです

公開日: