社会福祉法人わたげのほし 花園こども園

*

1月18日(金)  正月親子でお遊び会

      2019/02/15

          vEmoji262.gif  正月親子でお遊び会  vEmoji262.gif

今日は年に一度の保育参加の日です。
保護者の方々が多数参加して下さり、朝から嬉しそうに親子で登園してきました。

大きいクラスは、ガンバルマン(朝マラソン)はお休みして、すぐにお集まりかスタートしました。

 

つぼみさんは、屋上で『毎日体操・わらべうた遊び』を親子
で行いました。
保育士の話を聞き、しっかり体を動かす姿を見て、保護者の
方もこの1年の成長を感じていました。

 

 

 

たんぽぽさんは、ホールで『毎日体操・運動遊び』を親子で
行いました。
親子で協力して、ゲーム性のある運動遊びを楽しみ、いつも
以上に、笑顔が溢れていた子どもたちでした。

 

 


わたげさんは、くろーばーのお部屋で『文学遊び・お話
作り』を楽しみました。
「1つ○○、2つ○○、3つ○○…10で○○○」と、
文学遊びにあるお話を、親子で中身を考え、みんなの前で
発表しました。
緊張しつつ、誇らしげに発表するわたげさんの姿が印象的
でした。

 

 

おひさまクラスは、親子でスタンプ遊びやわらべうた遊びを
楽しんだら、毎日行っているベビーマッサージを、保護者の
方にご紹介しました。
いつも親子でどんな風に遊んでいるか垣間見られて、私たち
も参考になりました。

 

 

 

ふたばクラスは微細遊びやわらべうた、楽しみました。
じっくり遊びこめる時間が増たり、わかばクラスの
オペレッタを見学して、自分たちもと大好きなお話
『大きなカブ』を簡単な劇遊びにして保護者の方に
披露してくれました。

 

わかばクラスは、クリスマス会で披露した『10匹のこぶた』
を子どもたちのアイデアで少しお話を変え、また楽しんで
遊んでいる姿を披露してくれました。
イキイキと楽しんで演じている姿が、とっても微笑ましい
子どもたちです。

 

 

自由遊びでは、お庭や屋上、それぞれのお部屋で親子で好きな遊びを楽しみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

育児講座では、『 親子の絆 ~自分で考え、行動できる子に育つには?~ 』をテーマに、
女子短期大学講師:福井謙一郎先生にお話していただき、乳幼児期の愛着形成の大切さ、子どもが自己肯定
感を高め、意欲的に物事に取り組むようになるためのプロセスを、教えていただきました。

 

 

 

 

 

その後クラス懇談会では、今のクラスの現状や課題、成長を感じる姿などを担任からお伝えし、保護者の方からも子育ての悩みや嬉しい姿などをお話しいただき、短い時間ですが今後の成長に繋がる会になりました。

 

最後に、大きいクラスのコマ回し大会では、練習を重ねたわたげメンバーが実力を競い合い、見応えのある勝負を皆さんに披露してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じ学年だけでなく、異年齢が互いに刺激しあい、憧れて新しいことにチャレンジしたり、手を差し伸べるやさしさを身に付けたり、子どもたち同士で学びあい、成長する姿を保護者の方々も垣間見ていただくことができた1日になったのではないでしょうか。

これからも、共にお子さんの成長を支えあえるよう、努力してまいりたいと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 - 今月のこどもたち, 新着情報