社会福祉法人わたげのほし 花園こども園

*

6月1日  小屋入り

      2018/03/26

          ◆ 小屋入り ◆  

今日は6月1日。

本場の長崎くんちと同様に、立岩保育園でも小屋入りをとりおこないました。

          

生憎の曇り空ではありましたが、

鯱太鼓で使用する山車太鼓、龍踊りのドラ、楽器類など、

全ての道具をそろえ、準備は万端!

はじめに “ お清め ” を行ないました。

   まずはお道具から。

   半年間無事に壊れず当日を迎えられるよ

   う、塩・酒・米をかけていきます。

次に、子どもたち。  

ケガの無いよう、元気に最後までお稽古が出来るよう、そして立派に当日演技

が披露出来るよう、お清めしていただきました。

神聖な雰囲気に、子どもたちも神妙な面持ちで頭を下げ、順番を待っていまし

た。

 
   参加した保護者の方も、ご一緒にお清めを

         体験されていました。

次に、保育園のママ達による、鯱太鼓の模範演技です。

この日に向けて、毎年ご指導頂いている銀屋町の『 鯱太鼓 』の指導者

高木先生にお越しいただき、事前に確認してもらいながら、練習をしてきまし

た。

                          

  お手本になれるよう、

  ゆったりとした大きな掛け声を

  出し、きびきびとした動きを

  心掛けてママ達も頑張りました

はいよいよわたげさんの初担ぎです 

      

    構える姿もまだぎこちなく、

  嬉し恥ずかしの初々しい姿です

  
  『 ア~ア ヨ~イヤサー ヤッ!』

  掛け声と共に、担ぎあげました。

  まだ慣れないので、四隅を

  保育士がサポートします。

   そして、左右の振りや、マワレ、

  ホーライコなど、

  ひととおり体験しました。

  「 たのしかった~ 」と、感想を

  言い合う子どもたち

半年後の 立岩神社祭り ・ ちびっこくんち では、掛け声とともに

勇ましく担ぎ演技する姿が楽しみです
  

そして、お楽しみの もちまきタイム


 
わたげさんから順に、

 「 ここだよ~!」と

 アピールしながら、

 必死に集めています
                                                              
 

                                                               
     

                                                               

          おひさまクラスから、保護者の皆さん、

    職員までみんなでもち拾いに

    参加し、楽しい体験をしました

    
      半年後の、わたげさんの鯱太鼓が楽しみですね

 - 今月のこどもたち