社会福祉法人わたげのほし 花園保育園

*

12月24日 クリスマス会

      2018/03/26

12月24日(金)   クリスマス会 

 今日は楽しみに準備してきた * クリスマス会 *
  
  保護者の皆さんも参加して、とっても賑やかな会になりました。

  
  はじめは、子どもたちの出し物です。
 
  トップバッターは、わたげ(5才児)の女の子による
 『ハンドベル&リズム運動披露』

                 きらきら星 

  素敵な音色と、普段リズム運動で取り組んでいる得意のカメの運動やブリッジ、

  フラフープを披露してくれました。

  次は、わかば(2才児)の可愛いお友達による 劇 『小人の靴下』

             

   大好きな絵本をアレンジしたストーリーで、いつも遊んでいる様子が伝わってくるような
 
   ほのぼのとした可愛らしさでした

   次は、わたげの男の子による 『手品&イリュージョン』
 
             

    ドキドキ緊張が伝わってきましたが、見事、空のカップからキャンディを出したり、

    ティッシュがうどんに変身したり、最後は何も入っていない段ボールから、

    女の子が飛び出したりと、大成功でお客さんをびっくりさせてくれました
 
    
    続いて つぼみ(3才児)は、
オペレッタ 『てぶくろ』 を披露。

    
それぞれなりたい動物役を決めて、たくさんのお客さんの前で堂々と歌や踊りを

    発表してくれましたよ

             

     
    たんぽぽ(4才児)
さんは、『クリスマスメドレー』を 歌&楽器演奏で披露。

 
    サンタさんやトナカイに扮装して、

  振り付けも交えながら、

  可愛い歌声を響かせてくれました

    手作りのマラカスや小太鼓、ギター、

  そしてピアニカで、まだ上手くは弾けません

  でしたが、ノリノリで完奏出来て大満足の

  たんぽぽさんでした

  最後は わたげの男の子による 紙芝居劇:『かさこじぞう』

  

 

   大きな紙芝居を手作りして、自分たちも

 それぞれ役につき、ストーリーに沿って

 
登場しました。

 


  たくさんのお客さんに圧倒されて

  照れてしまい、いつもの元気が出なかった

  ようですが、終わって拍手をいただくと、

  ほっと一安心  次の卒園劇では、

  堂々とした姿を見せてくれることでしょう

  
 

 サプライズで、保育士による 『 トーンチャイム演奏 』 がありました。  

 
  初めて聴く澄んだきれいな音色に、

  みんな声も出さず、静かに聴き入って

  くれていました

               

  大きいクラスのお友達から、小さいクラスのお友達へ手作りのキーホルダーがプレゼント

  され、会は終了 ・ ・ ・

  すると突然 サンタさんが登場

  
   一人ずつ名前を呼ばれ、プレゼントを

  いただいて大喜びの子どもたち

  
  小さいお友だちは、びっくりして泣き出す

  場面も  でもプレゼントは、しっかり

  受け取っていました

 

  お昼ごはんは、《特別な日》ということで、

  バイキング形式に

  テーブルクロスやリースで、素敵な雰囲気

  雰囲気に飾りつけられました。

        「 どれにしようかな 」
   

   おいしそうなメニューにワクワクしながら、

   お腹いっぱい、満足ゆくまで

   食べていました

 3時のおやつは、クリスマスケーキ

 スポンジケーキに、自分たちで生クリームと

 いちごをトッピングして美味しく頂きました。

 帰りには自分たちで作った「クッキー&リース」

 とサンタさんからのプレゼント持ち帰り、

 とても楽しいクリスマスの1日になりました
  

   

 - 今月のこどもたち